日別アーカイブ: 2022.05.30

CTツアー復活 G-LAND と思い出

先週末からスタートしたCTツアー後半戦【QUIKSILVER PRO G-LAND】

会場は、インドネシアジャワ島に位置する世界屈指のレフトハンダ―通称「G-LAND」

1995年、現在も現役選手であるケリー・スレーターが優勝し

97年ルーク・イーガンまで3シーズン開催されたイベント

以降はインドネシアの情勢不安により、コンテストは開催される事はなく・・・

今年、約25年ぶりに開催される待ちに待ったサーフィンコンテスト。



写真は、今から23年前の1999年10月。23歳で旅をしたG- LAND サーフキャンプ前にて。

1996年に初めてのアルトイズのサーフトリップに参加させてもらい

初の海外サーフトリップはカリフォルニア。その翌年もカリフォルニア

その後メキシコ、バリ、ハワイを経て、海外トリップが慣れてきた3年目に

初めて訪れたジャングルに囲まれたサーフキャンプ G-LAND (グラジャガン)



現在Gランドへは、バリ島からスピードボートで2~3時間でアクセス可能ですが・・・

しかし、当時は大きく遠回りをしなくては辿りつけず

バリ島クタを夜に出発し、バリ島最西端ギリマヌクの街までチャーターした車で約4時間。

ギリマヌクの港からジャワ島までフェリーで渡り、更に車で数時間移動・・・

フラフラで意識の遠のく夜通しの移動で、翌朝にグラジャガンの小さな漁村に到着。

そこから更にスピードボートに乗り換え対岸のGランドサーフキャンプへ入るという

少しハードで精神力が必要なアクセス方法。



写真は夜明けのグラジャガン漁村。見たことも無い奇妙な船と活気にあふれる人々に圧倒





Gランドのサーフキャンプの中でもポピュラーで歴史があるボビーズに宿泊

ジャングルに囲まれ、全ては波次第の空間

サーフィン以外の衣食住を全てキャンプ内で過ごすスタイルです。

写真はキャンプの食堂と、日が落ちると滞在しているサーファー達がアルコール片手に集まりその日の波の事を永遠と話していたベースキャンプ。

情報に乏し当時は、翌日のウネリの方向、波高、タイドなどが記載されている1枚のFAX用紙に群がり情報交換していた記憶です。



部屋には湿気を吸いきった薄いマットレス

副作用を考えマラリアの予防薬を服用せず、マラリアのリスクと戦うすき間だらけの蚊帳

海水より冷たい水シャワーと開放的なトイレ

部屋に1つの裸電球は頻繁に停電していたので、無いのに等しい状態

となりの外国人が目撃したという、リーフブーツに潜むサソリ

その昔このジャングルに生息するといわれる野生のトラや

当時頻繁に発生していたと聞いていた津波から、命を守ってくれる高床式コテージ。



普段使う短いサーフボードはバリ島へ置いていき

Gランドへもって来たボードは7’2”・6’6”・6’3”の3本。

大きい波への経験が浅い僕は、早くスタンドアップでき高速ショルダーを駆け抜けられる

7’2”をメインで使用。



初めてのGランドは4~6ft。メインステージは高速バレルのスピーディーズでですが

僕らは、比較的水深があるといわれているコングスのピークから

CTの初日が行われていたマネーツリー付近へパドルアウト。

ブレイクポイントまではガリガリのリーフを歩き、どんどん近づいてくる高さの波に息をのみ

ナーバスになりながら、セットのタイミングを見計らい全速力のパドル。

基本1本の長い波がブレイクしているので、リーフのパスも無くセットを1~2回すり抜け

運を味方に付けながら、アウトへたどり着く感じです。

そこで特大セットの洗礼を受けてたしまった先輩は、着用していたウエットスーツを剥がされ、

首にリーシュが絡まりドライリーフまで流されたのも、今では笑い話です(笑)

波に目を慣らしながら、運よくつかんだ1本は今でも鮮明に覚えている極上の長いレフトでした。

連れて行ってもらった、佐藤社長や先輩後輩には貴重な経験をさせて頂きました。

今では波や自然はそのままに、アクセスも簡単で設備が充実しているGランドのサーフキャンプ。

また行ってみたい旅先の1つです。 オンホールドしている大会の再開も楽しみですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県千葉市稲毛区のショップ【アルトイズ・サーフ】
TEL:043-287-7317  HP:http://www.altoids-surf.com/
JR総武線稲毛駅 出口より徒歩1分・京葉穴川インターより5分
平日・土曜は夜8:00まで営業しています!
日曜は夜7:00までになります。