セミドライ・ドライスーツメンテナンス

maintenance%2520cmpn[3]
オニールウエットスーツのユーザーさんに朗報です!

オニールで毎年、夏のシーズンに行っている

セミドライ・ドライスーツのメンテナンスキャンペーンが今年もスタート!

◆ 期間
2016年6月1日~7月31日の修理センター到着分

◆ 対象アイテム
オニールドライスーツ/ライトドライスーツ/ウェットスーツ全般

◆ キャンペーン特典

基本料金(¥3,000-)無料

【ドライスーツ】
水没検査、ファスナーやラテックスシールの劣化状態の検査、
スーツの接着や縫製、ジャージ、面ファスナーなどの剥がれや劣化状態の検査
などの基本検査料金が無料。復路の送料が無料。(往路はお客様ご負担)

【ウェットスーツ】
ファスナーやラテックスシールの劣化状態の検査、
スーツの接着や縫製、ジャージ、面ファスナーなどの剥がれや劣化状態の検査
などの基本検査料金が無料。※水没検査は含まれません。
復路の送料が無料。(往路はお客様ご負担)

例年好評のこのチャンスをお見逃しなく!

IMG_4897
ドライスーツをお持ちの方は、シーズンOFFの水没テストお忘れなく!

IMG_4889
オニール以外の他ブランド、セミドライスーツなどもこの時期のメンテナンスがおススメです。

 

ご自身で修理される方は参考にして下さい↓

こちらは、セミドライスーツの肘に穴が開いてしまったお客様のくり抜きパーツ交換。
ご自身で修理される方は参考にして下さい!
IMG_4877
ハサミを使い出来るだけ綺麗に破損個所を切り抜きます。

用意するもの
IMG_4886
ウエットスーツ専用ボンド(大きい修理など僕はシールセメントという強力ボンドを使います)

IMG_4878
くり抜いたパーツと同じ大きさの生地を用意。(今回は耐久性を考えジャージ素材にしました)

IMG_4879
専用のハケで断面にボンドを塗っていきます。

IMG_4880
しっかりと塗りましょう~

IMG_4881
一度付くと剥がすのが大変なので、慎重に狙いを定めて・・・・

IMG_4882
迷わず張り合わせていきますよ!

IMG_4884
指で圧着をしてセルフメンテナンス終了。

ボンド修理のコツなどお店でご説明させて頂きますが自信が無い方は
修理工場にて完璧な修理ができますので、いつでもお持ち下さい。