CHANNEL ISLANDS DEMO TOUR



アルトイズでも2016シーズンより販売をスタートした

チャネルアイランズサーフボードのデモツアーに参加してきました。



いつもより早い時間に千葉市を出発し、向かった先は千葉県南房総エリア。



夏の小波が続いた影響で波のサイズはヒザ~コシ前後でしたが

抜群の透明度を誇る海水と暖かい水温はサーフィンを楽しむにはそれだけで十分なコンデション。



デモツアーでは同じウェーブコンデションで現行の人気モデルを含む

いくつかのスペシャルボードをテストライド。


当日の様なスモールコンデションでも楽しめるパフォーマンスモデル【SAMPLER】


現在人気沸騰中で角度のあるスナップターンができる【ROCKET9】


FLEX BARを搭載したミニボード【POD MOD】

 


世界的に注目されているツインフィンとスタビライザーがセットされた【TWIN FIN】


ベンジーの様にレジンカラーで重量を出しカスタムオーダーで

サイズアレンジするのも面白そうなボードですね。


個人的にも今現在ツインの乗り心地とフィーリングに惹かれていて・・・

70年代に作り上げられたベースモデルからアップデイトされたアウトラインは

テイクオフも早く、スラスターになれている方でも楽しめる安心のスタビライザーが付き

これまでのサーフィンよりももっと自由で気持ちの良い乗り心地が体感できると思います。

ツインに興味が無い方や抵抗がある方でも・・・・試してみる価値があるボードだと思います。

 

そして、6月のQS6000で優勝したジェシー・メンディスが使用したウイニングモデル【FEVER】

バランスの取れた正統派のパフォーマンスボード。

今回のデモボードの中で最も驚かされたボードがこの【FEVER】でした。

詳しくは店頭にてお話させて頂ければと思います。



チャネルアイランズサーフボードでは年間2回、千葉南房総エリアで一般ユーザー様も

ご参加できるデモツアー行われるそうで、次回は冬の終わりのタイミングかと思います。

世界最新モデルをテストできる素晴らしいタイミングなので

是非、皆様も参加してみてはいかがでしょうか。