【DUSK SUITS】冬用スーツの最北エリアテスト

この写真は今日の稲毛ではなく、今はこんな感じに雪積もってます(笑)

帰れないくらい・・・どうしましょう・・・店に泊まるかもです・・・

本題 【DUSKのユーザー様は参考にして下さい】

写真は1月の北海道某エリア



アルトイズでも取扱いをしているウエットスーツブランド【DUSK SUITS】

代表オーナーの越後将平さんが毎年大事にしてる

日本最北端での冬用ウエットスーツのテストの写真が届きました。



真冬の北海道、ビーチエリアでも氷点下~10度位まで下がる事も多いので関東とは別世界。

内陸に入ると更にマイナス10度の氷点下20度台になる日もあるそうで

その極限の状況下を利用して毎年冬用ウエットスーツのテストと

開発に取り組んでいるそうです。


仙台新港ポイント 2018年1月

関東千葉北エリアより1・2ランクも水温が低い、写真のスペシャルな波が立つ事が多い

仙台エリアで育った将平さんは常に真冬のサーフィンを快適に過ごす為に

ウエットスーツには強いこだわりを持ち、フルスーツを着用するシーズンが多い日本において

防寒にこだわった自らのブランドを立ち上げ、様々なエリアでテストを繰り返えされています。



北海道と言えばドライスーツのイメージが強いですが

今回テストをされたウエットスーツとコンデションは・・・・

海水温:0~2度前後(海水は−2度ほどで凍るそうです)

3回連続のドルフィンスルーと少し派手なワイプアウトも数回あり(笑)



今冬にリリースされたフロントチェストジップ【SLAB】モデル ALL4㎜セミドライスーツベース

(来シーズンに向けた細かいテスト箇所はありますがベースはほぼ現行タイプ)

4㎜厚防寒ブーツとグローブ、2㎜サーフキャップになるそうです。

ビックリするのが、普段僕らや皆さんが千葉北エリアでサーフしている装備と

ほぼ一緒と言う事なんです!



沖合にはもう少しで着岸するであろう流氷や、更に北にある列島が見渡せる環境での

テスト結果・・・・

「ブーツ一体型ドライスーツを使用しなかったので足先に少し冷えを感じるが

スーツ内部は特に寒さを感じる事が無かった」との事でした。



プロツアーをラウンドしていた元プロ選手だけあり

多量の海水の浸入するほどのワイプアウトは少ないと思いますが

千葉北エリアでも使用しているセミドライスーツで北海道某エリアを

快適にサーフできるとはダスクのユーザー様にとって安心のテスト結果と言える事だと思います。




北海道から戻られ、今回のテストトリップについてとダスクユーザーさんへのリサーチ

3月にリリースされる春夏モデルの細かいミーティングをしました。



今回テストに使用した【SLAB】モデルですが運動性と防水性に優れているので

春秋モデルに追加リリースされるとの事です。ユーザーの皆さま楽しみにしていて下さいませ!