【STACEY】 FACTORY MEETING 2019 #4 シェイプルーム

ファクトリーミーティングの前半では沢山の議題を話し合い、日本のユーザーさんに向けたベストなサーフボードを提供する事に焦点を置いて進めて行きましたが、後半に入ると新しいプロジェクトの話へ・・・・



それは、日本の波と日本人の体格などを考慮し、ステイシージャパンとLEEさん率いるオーストラリアチームが共同で、日本専用モデルを考案する事。

コンセプトを話し合うと・・・すぐにLEEさんはあるボードを手に取り、僕ら日本人の体形や脚力をチェックしイメージを膨らませていました。



沢山のモデルがある中、ヒントとなるモデルをみんなでリサーチしイメージをすり合わせていく感じです。



そのイメージをすぐにPC上でデザインし、いくつかのアイデアを提案してくれました。



スペシャルなモデルを開発するには妥協は許されませんので、シェイパーも悩みどころですが、かなり重要な作業を進めて行きます。



まだ、全てをお話する事は出来ませんが、ワクワクするプロジェクトが進行中です。

全てのテストが終わり、リリースする時期などは未定になりますが、日本限定モデル楽しみです!



ボードデザインの他に、ジャパンロゴなどネイトさんがその場でデザイン。

LEEさんもチェックし、いくつかのデザインを出しながら話し合いが進みます。

そして、いよいよシェイプルームへ



LEEさんのシェイプルームはとても綺麗に整理整頓されていました。



シェイプ待ちのフォームが沢山スタンバイしていますね。





シェイプしているのは紫色のオーダー用紙、ということは日本からのカスタムオーダー。

日本正規品のオーダーには、LEEさんが日本人用にカスタマイズをしているので、AUS国内に流通している同じモデルのサーフボードと仕上が異なります。

細かい事は店頭にてお話ができますが、「なるほど~」という日本専用のチューンナップが施してあるそうです。

確かに、AUSの波と現地人の体格の差は、誰がどう見ても違いが歴然ですからね。



なので、「なるほど~」が詰まった特別な日本からの正規オーダーは、一目でわかるように紫色のオーダー用紙で管理されていました。

もちろん、正規品はLEEさんが全て手掛けていますので、オーダー頂いている方々もご安心下さい!



黄色のオーダー用紙はチームライダーですね。海外から某ハワイアンからのカスタムオーダーも入っていましたよ。







LEEさんと写真を撮ってもらいましたが、わりと日本人に近い体格をされているので親近感がわきます。

元SOUTH AUS JUNIOR CHAMPIONという経歴を持ち、19歳の時に初めてのサーフボードを作り、様々な経験を経て本格的にシェイパーをしたのは24歳の頃。

ロゴにもなっているガンダムは人間がロボットを操作するという事を、サーフボードに置き換えて考える感覚が芽生え、ガンダムをイメージしたロゴを使用しています。

一般ユーザーでもトッププロでも、1本目から違和感なく乗れるボードに仕上げられるよう、常に心掛けているそうです。

「俺も若い頃は、お前みたい軽量な身体だったんだよ!haha・・・」って笑ってましたが、僕とあまり年は変わらなそうなLEEさんでした(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県千葉市稲毛区のショップ【アルトイズ・サーフ】
TEL:043-287-7317  HP:http://www.altoids-surf.com/
JR総武線稲毛駅 出口より徒歩1分  平日・土曜は夜9:00まで営業しています!
日曜~19:00 定休日:木曜日