初心者の 目線とボードへの荷重

サーフィン技術を向上させたい初級者の皆さまから・・・・

「ライディング中の目線はどうすれば良い?」と多くのご質問を頂きます。



波のフェイスをライディングできる中級者以上の方であれば

視野を広く保ち、「これから立ち上がってくる波のブレイクを読む事」でターンを切る場所や、アクションを仕掛けるリップ、などなど・・・・レベルに応じての説明になりますが

ここでは、スタンドアップをしたばかりの初級レベルに絞って、簡単にご説明したいと思います。

スタンドアップに成功したら

サーフボードの先端から約3m~5mくらい先を見ると良いと思います。

遠くを見すぎてしまっても、目の前の状況変化に対応が遅れ危険ですし

足元を見てしまうと、フラつきの原因になりワイプアウト(転んでしまう)をしてしまいます。

進行方向の少し先を見る様にし、慣れてきたら徐々に視野を広げてみて下さい。



そして、「ボードへ荷重の仕方が分からない?」こちらも多いご質問になります。

サーフボードは波の高低差を利用して加速します。

波の上部から斜面を滑り降りる事で加速すると同時に、自身の体重をサーフボードに荷重する事でスピードが増幅してくれます。

初心者の方に多くありがちな、前足をバンバン叩く様な荷重は逆に失速しているケースが多くあまり意味がありません。

初心者の方がショートボードでライディングをした場合にも、腰が高くボードに荷重できていなければ、スピードを失い波に置いて行かれます。

加重したいからといって、ボードの上にしゃがみこんでしまってもスタイル的に良くありませんし、ガニ股になり外側へ開いてしまったヒザから力が逃げてしまい、実際にはボードへ荷重できていません・・・・・

それでは、どうすれば簡単に荷重できるかというと・・・・

両方の手を水面を触るようにそーっと降ろしてみて下さい。

この時に、コシから前屈し両腕を降ろすのではなく、できるだけ胸を反らし気味に、

顔の位置が、前足のヒザより前へ出過ぎない事です。



顔は前ヒザと直線状に、後ろのヒザは内側に折りこみ、前のヒザも前に出し過ぎない事で、体重を含めた力がサーフボードに伝わると思います。

ライディング中に棒立ちになってしまい波に置いて行かれる方、波の斜面を滑り始めたばかりの方など、加重の仕方が分からないとお思いの方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県千葉市稲毛区のショップ【アルトイズ・サーフ】
TEL:043-287-7317  HP:http://www.altoids-surf.com/
JR総武線稲毛駅 出口より徒歩1分・京葉穴川インターより5分
平日・土曜は夜9:00まで営業しています!
日曜~19:00 定休日:木曜日