1ヶ月使用してみました「BLACK TOAST」ハイブリッドグラッシング



エポキシレジンをPUフォームにラミネートする「ハイブリッドグラッシング」で製作したインスパイア「BLACK TOAST」モデルを、1ヶ月に渡り使用してきた感想をまとめてみました。

エポキシレジンとは通常EPSフォームをラミネートする際に使われる高反発で硬めなレジン(樹脂)。

 

◆ 強度とフットマーク


PUフォームとエポキシレジンの組み合わせなので強度や凹が未知数でしたが、工場で耐久性を上げる為の工夫がされているとの事で、ご覧のようにスタンス部に軽いフットマークが付く程度、1ヶ月使用し通常のフットマークと強度といった所です。

そしてなんといってもボードが白いです。エポキシレジン特有の太陽光の下で綺麗に発光するホワイトといった感じです。

 

◆テイクオフスピード


もともとパワーの力の弱い波を想定され開発された「BLACK TOAST」モデルなので、波をキャッチしやすくテイクオフが速いのが当たり前なのですが・・・

「ハイブリッドグラッシング」はエポキシレジンの高い反発性が相まって、EPSフォームの様な速さで沢山の波をキャッチでき、ある程度の重量があるので強い風も影響がありません。

テイクオフの速さから小波もターゲットに入れたモデルとの相性は抜群に良いかと思われます。

 

◆初速とターン性能


「ハイブリッドグラッシング」最大のメリットでもある、PUフォームを使用する事で柔らかくしなやかなターンはそのままに、エポキシレジン特有の俊敏な操作性で容易にスピードへ繋げてくれます。

テイクオフ後の踏み込みでの初速がとても速い!トップでの返しも非常にやりやすく気持ちが良い!

世界的に主流になっているPU素材とEPS素材の良い所を1本のボードに詰め込んだ感じです。

ハイブリットグラッシングは高いスキルを持つ上級者へのメリットが本当に沢山ございますが・・・

● 日本の平均的な波でテイクオフスピードを上げ沢山の波をキャッチしたい中級者の方

● 軽快で楽な操作性は、中級者の方のボードコントロール取得のきっかけにも最適

● 小波でEPSに乗りたいけど脚力が弱くボードを押さえつける事が苦手な方

などの中級レベルの方でも沢山のメリットを受けて頂けるオプションになります。

オプションはボード本体価格から¥10,000~アップと手軽に小波でのボード性能を向上!

1ヶ月使用してデメリットといえば、平均以上の大きい波のサイズで使うとエポキシの機能性がターンで感じられず、少し硬いフレックスを感じてしまう点でしょうか・・・・大きい波ではPUラミネートがやはり適していると現時点では思います。

 

◆「BLACK TOAST」のテールデザインとボードサイズ


様々なテール形状がマッチする「BLACK TOAST」ですが、僕は小波でも水の抜けが良く2つの支点でターンのきっかけを掴みやすいスワローテールを選択。



「BLACK TOAST」PUフォーム¥133,000  ×  ハイブリッドオプション¥10,000 (CONIFERフォームご希望は¥15,000UP)

身長169cm 体重61㎏  長さ5’6” × 幅19” × 厚さ2 1/4” のサイズを使用。

パフォーマンスボードより長さを3インチ短く幅と厚みをアップさせています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県千葉市稲毛区のショップ【アルトイズ・サーフ】
TEL:043-287-7317  HP:http://www.altoids-surf.com/
JR総武線稲毛駅 出口より徒歩1分・京葉穴川インターより5分
平日・土曜は夜9:00まで営業しています!
日曜~19:00まで
定休日:木曜日