『SIX SENSE』 for WINTER

JPSA国内プロサーフィンツアーを終えたばかりで年間ランキング6位でフィニッシュ
宮崎県出身で、ここ数年は常に年間チャンピオンが狙える位置に付けている
ウエストスーツ、プロ契約ライダーの椎葉 順 選手が今シーズンのウエットスーツのインフォメーションに
来店してくれました! 椎葉 順くんも様々なシーンで『SIX SENSE』使用しています

昨シーズンからラインナップに加わり、通常のNOZIPモデルより運動性と防水性に優れている

ネックエントリー(ネックパーツから体を全て着脱させます)モデルの

『SIX SENSE』シックスセンスモデル!!

僕も数年前の発売当初からすでに数枚テストさせて頂いていますが

海水との接点が3ヶ所(首開口&手首&足首)しか無いので

本当に防水効果に優れているんです!

ドルフィンスルー時もネックからの海水侵入もほぼありません

パドリングは、腕と背中のパーツがワンパーツになっているので非常に楽で

まるで風船のスーツに包みこまれる感じのノーストレス!

その名の通り、6枚の生地パーツから構成されているウエットスーツが『シックスセンス』モデル

そして、今シーズンの『シックセンス』の完成度は非常に高く

細く狭い、成人男性30~40㎝の首パーツからから、80~100㎝ある胸囲を出し入れしする事から

ネックパーツの負担を軽減&スピード着脱を可能にした『マジックストラップ』を標準装備!

着ている状態からこの左右のストラップを引っ張ると、一気に両肩まで脱げます

今回の冬モデルは、更にネックからの浸水を防ぐ『ネックインナーベルト』も標準装備されています


そして『シックスセンス』の使用素材には、運動性を重視する上半身には、超伸縮素材『RX skin』を使い

下半身には、最上級保温素材の写真の『GOLD FRAME起毛』を使用しています


是非、今シーズン真冬対応フルスーツのオーダーをご検討されている方は、『シックスセンスモデル』を

選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

ネックエントリーモデルは、少々扱いに注意点があるりますので、

すでに数枚テストをさせて頂いている私から、通常のノージップとの違いや、適した使用エリアなど

さまざまなご説明をさせて頂きます!!!

次回は、10月1日に発売予定のソフトブーツ付きドライモデルの『SIX SENSE SOFT DRY』

のご説明をさせて頂きます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です